ハウスクリーニング福岡

職場意識改善計画の取り組みについて

おそうじジョーズは、「職場意識改善計画」を策定し、2011年度より福岡県労働局の認定を受けています。
そのため、専門家をお呼びして、労働時間とこれからの働き方についての研修・交流する時間を設けています。
今後ますます労働力人口が減少していくことが見込まれる低成長時代において、社員1人1人の能力をどれだけ会社で活かせるか? が、お客様に選んでいただける会社につながっていくといっても過言ではありません。
今の時代は「成功の答え」がよくわからない時代です。人口も増え、所得が伸びていた時代の過去に成功した会社の事例を学んでも、多くの情報の中から答えを探しても、答えが出ない問題を抱えています。すなわち「答え」を外に求めてもうまくいかなくなってきている、と言えます。

それでは、日々会社が抱えている問題の「答え」はどこにあるのでしょうか?
実は、その答えは外ではなく中にあると考えます。つまり、お客様のことを誰よりも知っている社員の中にあります。
お客様に喜んでいただけるための答えを導き出すために絶対不可欠なこと、それは社員1人1人が深く考える文化です。
社員に自発的に考えて動いてもらうためには、社員個人の能力と責任に依存するのではなく、会社として「考えさせる場」と「考えるトレーニング」が必要だと確信します。
これからの時代にお客様に喜んでいただき、選ばれる会社になるために、「社員1人1人が深く考える文化を創ること」に、おそうじジョーズは挑戦しています。

取り組み内容


平成24年4月17日(9時~12時)おそうじジョーズ会議室にて、労使懇談会を開催して、職場意識改善の取り組みについて意見交換をしました。
(1) 昨年度の助成金申請については、点数が不足したため受けることができなかったことを報告。
(2) 今年度も引き続き、山口社長が引き続きスタッフの苦情や意見、要望を受け付ける担当であることを確認。
(3) 就業規則も見直し、法律改正に対応したものにしていく。
(4) 6月に労働契約書を更新するので、その際に家庭の事情などがあれば社長に伝えること。 などを話し合いました。

平成24年6月25日(9時~11時)おそうじジョーズ会議室にて、職場意識改善のための交流会(学習会)&労使懇談会を開催しました。
職場意識改善学習会の講師には、玉田社会保険労務士をお呼びし、ワークライフバランスのパンフレットの配布と自分たちの仕事について考える以下のような内容で交流会(学習会)を開催しました。
(1) 労働時間の短縮を行い、家庭と仕事の両立をしていくことの意義を考える。
そのために、自分たちの仕事はお客様にどのような価値を提供しているのか考える。
そのことで、自分たちの仕事の意義を確認し、お客様に喜んでいただく仕事をしていくことを考える機会とする。


平成24年8月27日 9時~11時おそうじジョーズ会議室にて、第2回の職場意識改善のための交流会(学習会)を開始しました。
ワークライフバランスのパンフレットの配布と自分たちの仕事の内容を考えるミニ学習会を行いました。
労使懇談会では、計画年休についての提案を行い、協定書を締結していくことを確認しました。
昨年に引き続き、山口社長がスタッフの意見や要望を受け付ける窓口となっていることを再度確認し、 今後も継続的に学習と懇談会を設け、働きやすい職場づくりに向けて、スタッフ全員で力をあわせお客様に喜ばれるサービスを提供してまいります。